急な痛みに はり治療 実施中

様々な痛みが昨今訴えられる患者様が増えております。

座骨神経痛でも夜間の痛みを強く伴う患者様や

背中の痛みでも歩けないほど痛みを感じる症状が出る背部痛があります。

接骨院で行われる通常の施術では治らないことも多くあります。

当院では そのようなどうにもいたみがとれない状況にでも対応できる

はり治療をお受けになる事ができます。

鍼灸治療歴40年のわさ先生の治療をお受けになってください。

 


コロナ禍 広がった受診控え2020年の状況でも今は2022年 

 

新型コロナウイルスの感染拡大により2020年の一日当たりの外来患者数が前年比で

1割減少しことが厚生労働省の調べで分かったそうですまた

1960年代以降で最も最大だったということで コロナによる影響で受診控えが

あったと分かったそうです。

この記事を読んで 2020年の統計がこの2022年5月16日付けの新聞に載りましたが

では2022年の状況はどうなったのか 自分のかかっている病院はどうなったのかなどの考えに陥ります。

これまで第1波 から第六波まで 日常の生活風景が一変する景色を目にしていました

誰もいない駅前 少ない幹線道路 人っ子一人いない裏通り

そんな景色をこれまで見続け 2022年はもっと受診率が低下している結果が

出ていると感じました。

しかし ここで医療関係も手綱を締めなおし 皆さんの健康のために医療を提供できるように

していきましょう。


ぎっくり腰には はり治療がいいですね。

急性の腰痛はとても痛みが強く

安静にしていてもずきずきするような症状が出たり

足に力が入らない事にもなりかねません

生活や仕事が滞ってしまうので様々な問題にも発展してしまいます。

そこで マッサージでも改善しないような強い腰痛にはぜひはり治療を試みてください。

ぎっくり腰の原因には椎間板に触れるような痛みもあれば様々です。

特に絞扼性神経障害といわれる 硬くなった筋肉が神経を縛ることにより痛みには

特にはり治療は効果的です。

はり治療のあとにマッサージで筋肉を柔らかくすることで

痛みのない状態にすることができます。

一度 痛みのある患者様は検討してください。


甲子園球場 料金改定 2022年4月28日

今夏からの夏の高校野球大会での料金改定があります。

バックネットが2800円から4200円

外野指定席が500円から1000円に上がるようです。

ここまではいいのですが 問題点は学校応援団以外の客の入れ替えがなくなるということです。

要するに 各指定席をとったら一日中 甲子園で試合を見ることができる反面

第3試合だけ見たいから 昼から券を購入するために並んで買うようなことができない

いや、なくなるということです。

甲子園でのだいご味は 昨日勝った学校が翌日の第4試合に出るときは昼に行けば

大体、当日券で入場っできることができましたが

今夏からは 入れ替えが少ないので遅くに並んでも試合が見れないことが

多くあるという、少し自由な感じがなくなってしまうと考えます。

学校の応援団枠は 各チーム同じなので 一般客が帰らないと 次の客が入れない そんな状況になるため

楽しみが少し減ると考えます。


IPS細胞で椎間板の再生

今日の朝日新聞 夕刊に サルの脊椎髄核を使った研究で

その髄核の一部細胞が 軟骨の細胞に似ていることを発見できたと

記事がありました。

そこで様々な細胞になり事ができるIPS細胞をから

軟骨組織のような組織を作製し髄核を摘出したラットに移植したら

するとその髄核が再生し椎間板を回復させたとの内容です。

今後このような再生術ができると 世の中から椎間板ヘルニアがなくなるのかなとも

感じています。


目指せ 80GO

 

80歳でGO

はじめて聞く言葉です。

内容は

これからは健康な食生活や運動などの対策で予防ができるとして

80歳で活動性の維持を目指す 80GO運動を展開するとうたっています。

80歳の方が歩行速度の目安を10秒で11メートル  時速4キロメートルにそのめやすを

下回る方は10年後に要介護状態になる恐れが高いそうです

老獪により心身の状態が低下した状態を「フレイル」といい虚弱と表現します。

また、関節や運動機能の低下のために移動が難しくなることをロコモチィシブシンドローム

訳してロコモというそうです。

そのような 「フレール」「ロコモ」が出現するとそうでない方に比べて要介護になる

危険度が4倍に増加するそうです。

記事の内容からもわかるように

皆さん各個人が 運動や 刺激的な趣味を持ち 生活の質が上がる状態をまずは80歳まで継続し

その後も 継続していくことが大切なのでしょう。

ある方はスポーツジム ある方は 散歩で8000歩 ある方は趣味の園芸 ある方はヨガ

何度もいいので「フレール」「ロコモ」にならないように

意識していきましょう。


若者の起業が増えているように感じます。最近

 

 

 

今日

の天声人語にもありましたが

解雇のことをリリースという形で離職させられているようです。

近年の会社組織は管理者と労働者は全員がアソシエートと言われ平等な環境で仕事をしているようです。

しかし、現実は違うようで職場内で20キロメートルの移動を労働という形で強いられる。

仕事を休めば懲罰という点数がつけられて簡単に解雇ができる契約書を結んでいるようです。

問題は感じますが いい加減な気持ちで就業していると思わぬ人生設計になってしまうようにも感じます。

会社でも福利厚生がしっかりしている 週休3日制が導入されたなのでニュースを耳にします。

しかし、それだけ何らかの形で会社に貢献しないと長い時間継続した勤務いや人生設計ができない時代なんだなと

感じさせられています。

それと同時に 当院に来院される若者たちの中には 会社を辞めて起業する話を数件聞きます。

若者曰く 「自分のやっている仕事を胸を張ってみんなに言えない」

その言葉が耳からは難れません。

きっとその若者も会社で過ごす意味や やりがい 胸を張って生きたい

そんな気持ちで起業したのでしょう

私は夢のあるこの若者たちを応援したいです。

 


イソジン うがいと 橋本病の関係性が朝日新聞に記載あり

ワクチン接種後の体調不良などが

最近の話題になり 三回目接種の受診率が低下していると聞きました。

そんな中 当時 大阪都府知事が発した イソジンの活用が話題になりました。

そもそもうがい薬なので体への負担は少ないようにも考えますが

イソジンに含まれるヨウドが甲状腺の働きを抑制(少なくさせて)

甲状腺機能低下をもたらすことが分かったようです。

当選、しっかりとうがいをして ワクチンも摂取している方が

体調不安になると どうしてもワクチンの副作用ではなかと考えることが多数だと思いますが

 

だるい 体が動かないなどの症状があり

且つ、イソジンなどのヨウドが含まれる食品や医薬品を常用している方は

まず、そのあたりから対処していきましょう

2週間がめやすで体調が安定するとの報告があります。